エンジンオイルには様々な役割がある

MENU

TOPへ
エンジンオイルには様々な役割がある

エンジンオイルには様々な役割がある

エンジン内、またはそれに関わるパーツはそのほとんどがアルミや鉄などが使われているのをご存知だろうか。 その金属達カムシャフトはバルブリフター、ピストンはシリンダーなどはつねに摩擦している。 この金属同士のこすれ合う間には、動きを滑らかにさせるための液体が必要になります。

ここでエンジンオイルの登場となるのですが、エンジンオイルはエンジン内を循環しております。 エンジンオイルは、エンジンが停止している状態ではエンジンブロックの下にあるオイルパンに自然に戻っていきます。 エンジンを始動するとオイルポンプといわれる部品の力でエンジン各部に循環されます。

エンジンオイルにはこうして各パーツを滑らかに動かす役割があるのだが、エンジンオイルの役割は潤滑ばかりではなく、密閉、冷却、洗浄、防錆などの役割もあるのです。 エンジンオイルは使用しているうちに劣化してしまいます。消耗品なのです。 古いままのエンジンオイルを構わず利用していると、燃費性能の低下やエンジンがオーバーヒートしたりと故障の原因になりかねないのです。

ですからエンジンオイルの交換は早めにするように心がけましょう。 エンジンオイルの交換時期の目安は、走行距離で5,000km前後と言われていますが、これについてはエンジンのタイプやクルマの種類、利用状況によってマチマチですのでコマメなチェックが必要です。

よく聞くのは街乗りが多いクルマだと3000km程度、遠乗りが多いクルマだと5000km程度だと言われておりますがこれも目安ですので参考までに。



HOME > エンジンオイルには様々な役割がある